www.waletslover.com
『全損』とはその名が示すように愛車のすべてが壊れてしまったこと、つまり走行出来ない等車としての役目を果たせなくなった場面で使いますが、自動車の保険においての《全損》は多少異なった意味が込められていたりします。乗用車の保険の場合では車が損害を受けた状態で《全損と分損》などと2つの状況に区別され、《分損》は修理の費用が補償内でおさまる場面を表しそれとは反対に『全損』とは修復のお金が補償金を上回ってしまうことを表します。一般的には、自動車の修理で『全損』というと車の最重要のエンジンに決定的な打撃があったり、骨組みが歪んでいたりして直すことが難しい時、リユースか廃棄と判断されるのが普通です。だけれども、事故で修理業者や自動車の保険屋さんがこの修理費を計算した時にどれほど表面的に綺麗で修理ができる場合でも修理のお金が保険額よりも大きければ何の目的のために保険に加盟しているのか分からなくなります。そのような場合では全損と考えて乗用車の権利を自動車保険の会社へ引き渡して補償金額を負担してもらうようになっています。当然の事ですが長い年月乗り続けた自分の車で思い入れがあり自分のポケットマネーで直してでも乗りたいと希望する車の所持者けっこういらっしゃいますからケースにて保険会社と話すといいのかもしれません。さらに、車の保険の種類によってはこういう場面が考慮されて特約等の(全損)の時のための特約が設けられているケースが存在し例え、マイカーが(全損)なった時でも買い替えなどの諸経費をある程度負担してくれる時も存在します。なおかつ盗まれた時の保険の特約をつけているならば、とられてしまった物がどこかへいってしまった場面でも【全損】となり、補償金が支払われる決まりになっています。